24ツインパワーは20モデルと何が違う?よりパワフル、タフな仕様に!

出典:シマノ公式HP24ツインパワー製品ページ

1/12、シマノ公式HPにて24ツインパワーの製品ページが公開されました。
20モデルにインフィニティ系技術やSWバリアコートスプールリングが追加され、よりタフな仕様に仕上がっているようです。
という事で、今回はツインパワーの新モデルについて仕様を考察します。

ナチュラム 楽天市場支店
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

↑Amazonや楽天で予約可能になっていますよ。

目次

ツインパワーの位置づけ

シマノのスピニングリールはクイックレスポンスシリーズとコアソリッドシリーズに分類されます。
クイックレスポンスシリーズはヴァンキッシュを頂点とした、MGL搭載の操作性に重きを置いたシリーズです。
一方、コアソリッドシリーズはステラを頂点とした耐久性に重きを置いたシリーズです。

代々、ツインパワーはステラの一つ下のグレードに位置しており、ボディ剛性だけならステラをも上回るパワー重視のリールとして知られています。

仕様について

24ツインパワーには22ステラと同等の技術特性が用いられています。
※ボディ素材はステラがマグネシウム、ツインパワーはアルミ/CI4+です。

  • アルミ/CI4+ボディ
  • アルミローター
  • インフィニティドライブ
  • インフィニティクロス
  • インフィニティループ
  • アンチツイストフィン
  • SWバリアコートスプールリング

SWバリアコートスプールリングについては24ツインパワーのページではなく、スピニングリールの仕様一覧に掲載されています。

ボディ剛性は半プラで充分。20ツインパワーは前評判以上の名器でした。

20ツインパワーが登場した時、ツインパワーに剛性のみを求めていた層からは大きな反発があった事を覚えています。
ただしその後、実使用者のレビューを見ていると、剛性不足は特に問題になっていないようでした。
それどころかアルミローターが思いのほか良く、次第に受け入れられていった印象があります。

半プラと言ってもAL/CI4+で充分な剛性はあるし、足つきボディとローターはアルミだし、普通に強いリールです。
24ツインパワーはここにインフィニティドライブなどの技術特性が追加されていますので、さらに完成度が高いリールになっていると思われます。
筆者は4000番台のどれかを買おうと思っているので、手に入り次第レビューします!

インフィニティループは不要?使ってからレビューします。

22ステラから、汎用リールにもでインフィニティ系の技術特性が搭載されました。
このインフィニティ系の技術特性の中で不評なのがインフィニティループ
特に22ステラが登場したタイミングでは、ネット界隈では荒れに荒れていた印象があります(笑)
22ステラの他には23ヴァンキッシュに採用されていましたが、ここに24ツインパワーが追加という次第。

22ステラ→23ヴァンキッシュのタイミングで多少改善されたと聞いているので、そこまで問題にならないのではないかと考えています。
という事で、実機を使った後にレビューしますね。

インフィニティドライブ搭載でもはやSW並み?21ツインパワーSWにそっくりな仕様

20ツインパワーと21ツインパワーSWの大きな違いの一つが、インフィニティドライブの有無でした。
もちろんラインナップ、内部構造も違うんですが、AL/CI4+ボディにALローターという構成は同じ
24ツインパワーからインフィニティドライブ搭載となりましたので、なおさら21ツインパワーSWに仕様が近づいたと言えますね。
SWバリアコートスプールリングが付くのも含む

私的にインフィニティドライブ搭載は非常に嬉しいポイント。
4000番、C5000番の需要が高いであろうツインパワーは、インフィニティドライブの恩恵が非常に大きいです。
私の主の釣りであるSLJでは、汎用リール4000~C5000がベストマッチですからね。

インフィニティドライブの有用さは、20ステラSWと21ツインパワーSWを使ってきているので十分に理解しています

自重は20モデルとほぼ同水準。軽くなりすぎなくて良かった!

あとでスペック表は引用しますが、番手ごとの自重さをまとめておきます。
番手次第ですが、20ツインパワーと比べ24ツインパワーは±5gです。
まあ、自重はほぼ同水準とみて良いでしょう。
というかこれ以上軽くなったらタックルバランス悪くなりそうなので、このぐらいの重さでとどまってくれて良かった。

スクロールできます
番手24ツインパワー20ツインパワー
C2000番台175g180g
C2500番台180g
2500番台210g210g
C3000番台215g215g
3000番台235g230g
4000番台260g
PGのみ265g
255g
PGのみ260g
C5000番台265g260g

シマノ 24ツインパワーをAmazonで検索
シマノ 24ツインパワーを楽天市場で検索

スペック

以下、シマノ公式24ツインパワーのページから主要スペックを抜粋。
20ツインパワーと同じく、4000PGとC5000XGはラウンドノブです。

スクロールできます
品番ギア比実用
ドラグ力
(Kg)
最大
ドラグ力
(Kg)
自重
(g)
糸巻量
PE
(号-m)
最大巻上長
(cm/
ハンドル1回転)
ハンドル長さ
(mm)
ベアリング数
BB/
ローラ―
C2000S5.1231750.6-150,
0.8-110,
1-80
69409/1
C2500SXG6.3231800.6-200,
0.8-150,
1-120
87459/1
2500S5.12.542100.6-200,
0.8-150,
1-120
75509/1
2500SHG5.82.542100.6-200,
0.8-150,
1-120
86559/1
C30005.13.592151-400,
1.5-270,
2-200
75509/1
C3000MHG5.83.592151-190,
1.2-150,
1.5-120
86559/1
C3000XG6.43.592151-400,
1.5-270,
2-200
94559/1
3000MHG5.73.592351-190,
1.2-150,
1.5-120
84559/1
4000M5.36112601.2-250,
1.5-200,
2-150
87559/1
4000PG4.46112651-490,
1.5-320,
2-240
72579/1
4000MHG5.76112601.2-250,
1.5-200,
2-150
93559/1
4000XG6.26112601-490,
1.5-320,
2-240
101579/1
C5000XG6.26112651.5-400,
2-300,
3-200
101579/1
シマノ公式 24ツインパワー製品ページ

20ツインパワーの在庫セールを狙うのもあり。

前評判は別として、20ツインパワーは所有者の評価が非常に高かったリールです。
通常時で4万円前後でしたが、3万円前後まで落ちるようなら買って損は無いでしょう。
ツインパワーの人気番手は何と言っても4000番台でしょうから、その辺の番手が3万ぐらいで買えるなら万々歳かと。
2万円台ならよだれ垂らして飛びつくレベル!
3万円台後半だとありがたみが薄れるので、新製品に拘らない人は安くなるタイミングを狙いすましましょう。

私も気づき次第、X(旧ツイッター)なんかで呟こうと思います。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

発売時期

ライバル機である24セルテが2月頃に発売されるので、シマノとしてはできる限り同時期に売りたいのではないでしょうか。
ただしシマノ公式に「発売月は未定」とあるので、さすがに2月、3月発売は無さそう。
早くても4~5月、下手すると夏近くになる可能性も(;^_^A

まあこればっかりは仕方ありませんね。
早く登場してくれる事を祈りましょう!

ちなみに24年1月現在、ナチュラムの楽天市場店で予約できる模様。
※1/13追記…Amazonでも予約開始したようです。
 人気番手であろうC5000XGや4000XGが4万円ちょい。思ったより安いような?

ナチュラム 楽天市場支店
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

当サイトはプロモーションを含みます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次