ブラストBJ 63XHS-S・Y インプレ

今回はダイワのライトジギング用ロッド、19ブラストBJ 63XHS-Sについて感想を書いていきます。
やはりSLJ用のロッドよりも強度が格段に上で、秋からの青物にお勧めな一本になっています。
リールはSW機の5000~6000番ぐらいがベストマッチ。

購入を検討している方の参考になればと思います。

ダイワ(Daiwa) 19ブラスト BJ 63XHS-S を楽天市場で探す
ダイワ(Daiwa) 19ブラスト BJ 63XHS-SをAmazonで探す

目次

ロッドについて

特徴

コストパフォーマンスが良い!

実売価格2万円前後でHVF、ブレーディングXが採用されており、ライトジギングをする上で必要十分な強度を備えています。
ジグのキャストもできますし、パワーもそこそこあります。
ちなみにどれぐらいパワーがあるかと言うと、40~50cmぐらいの青物なら割と楽に上げることができます。
SLJ用のロッドだと70cmぐらいの青物にのされる事が多々ありますが、LJ用のロッドだとその可能性はかなり下がります。

また、メガトップが採用されている番手については感度も期待することができます。
まあ…だからと言ってタイラバができるかというと、微妙ですがw
 ※メガトップ採用番手…63HB-S、63XHB-S、63XHS-Sのみ

上位・下位モデルとの違い

下位にはヴァデルLJ、上位にはキャタリナBJ、ソルティガBJがあります。

ヴァデルLJとの比較

ヴァデルにはHVF、ブレーディングXが無いようです。
カーボン含有率にも差がありますので、多少はパワーに差があると思われます。

キャタリナBJとの比較

キャタリナBJはブレーディングXではなくX45、HVFではなくHVFナノプラスが採用されています。
より強度と粘りがプラスされている仕様ですね。
ちなみにキャタリナBJ APというモデルもあり、これはセンターカット仕様で携帯性に優れます。
また、V-ジョイントが採用されているためセンターカットと言えどもパワーロスが抑えられています。
個人的には、ライトジギング用のロッドはキャタリナBJ APが一番のお勧めです。

ナチュラム フィッシング専門店

ソルティガBJとの比較

ソルティガBJは、技術特性がキャタリナBJとほとんど同じです。
ただしモデルが細分化されており、より特化したロッドが欲しい時に選択するロッドだと思います。
ローレスポンスモデル、スリルゲームモデル、ハイレスポンスモデルがあり、それぞれの狙い方でハイクラスなものを使いたい方に向いています。

22/9/1追記:ソルティガLJとの比較

ソルティガBJは廃版になっちゃいましたね。
という事でソルティガLSとの比較を。
ブランクスはX45コブラシールドとHVFナノプラス採用で前モデルよりも強化されています。
ただしAGSガイドなので、好みがハッキリわかれる仕様だと思います。

ちなみに私は、ジギング系ロッドでのAGSは否定派です。
AGSガイドのロッドはいくつか持っていますが、やっぱり耐久性がよろしくない。
衝撃に弱く、割れることがあります。というか今まで2回割れた!
通常のガイドでも衝撃でリングが割れたりしますが…AGSガイドは破損した時の修理代が高い!
ライトジギングはそれなりに負荷がかかる釣りなので、私的にはソルティガLSは選択肢から外れるかな…
LJに感度が必要になる程、シビアな釣りしないですからね。
オーバーゼアAGSと言い、メタルジグを使うロッドでAGSは…どうなん?って感じです。
エギングとかの軽い釣りならAGS良いんですけどね!

他メーカーロッドのライバル品について

同価格帯ライバルとして真っ先に思いつくのはシマノの19グラップラー タイプLJです。
19グラップラーには軽さと強度を両立するスパイラルXと、ネジリ剛性を高めてブレやパワーロスを抑えるハイパワーXが採用されており、こちらも非常にコストパフォーマンスの良いモデルとなっています。

他にもメジャークラフトやアブガルシア等、リールと比べるとロッドは選択肢がとても多いです。
コスパ重視であればメジャークラフト、無難さでいけばシマノ・ダイワですね。
こだわりが出てきた時に他のメーカーを考えたら良いのではないかと思います。ただ他は高いのが多い…w

ロッドを使った感想(22/9/1追記)

タイトルがインプレ記事なくせに使用感についてあまり書いていなかったので追記しますw

パワーについて

冒頭に載せている動画で、ステラSWを合わせているのがブラストBJ(黒金っぽい色)で、ツインパワーSW(紺っぽい色)を合わせているのがブラストSLJです。

ブラストSLJでも青物を上げれています。
ブラストSLJもめちゃくちゃお勧めなロッドなんですが、パワー面ではブラストBJよりもかなり落ちます。
動画を見れば、魚がかかった時の曲がり具合に差があるのがわかると思います。
ブラストBJでは、この程度の小型青物は相手にならないです。

60、70のヒラマサがかかれば多少苦戦すると思いますが、相手がヒラマサなら仕方ないでしょう。
ちなみにブラストSLJはそのサイズ相手だとのされることがよくありますw
リールのパワーも関係ありますけどね。

合わせるリールについて

ベストマッチは5000~6000です。
4000でも使えなくはないですが、青物がメインターゲットですからね。
SLJでは4000がベストマッチだと思ってますが、SLJは他魚種を狙う釣り。
その差ですね。

お勧めなリールに関して言えば…
20ストラディックSWでも十分かと思います。
というか2万円台そこらでトータルバランスが一番整ってるのが20ストラディックです。
ギア材質、防水性ともに申し分ない。半プラですが、まあそこまで大きな問題じゃないです。

シマノ(SHIMANO) 20 ストラディック SW をAmazonで探す
シマノ(SHIMANO) 20 ストラディック SW を楽天市場で探す

ダイワで揃えるならカルディアSWがグレード的にマッチするんですが…亜鉛ギアなんですよね。
長く使うなら、やはり超々ジュラルミンやそれ以上のギアが望ましいです。
よって、ダイワに拘るならセルテートSWがおすすめ。
セールのタイミングを見定めれば、実質4万円台半ばぐらいで6000番を買えちゃいます。

ダイワ(Daiwa) 21 セルテート SW 6000-H をAmazonで探す
ダイワ(Daiwa) 21 セルテート SW 6000-H を楽天市場で探す

ダイワ(Daiwa) 19ブラスト BJ 63XHS-S を楽天市場で探す
ダイワ(Daiwa) 19ブラスト BJ 63XHS-SをAmazonで探す

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次